金箔終了

日々徒然

一月の頭から取りかかっていた、作品が出来上がりました。

髑髏に金箔を貼って、かなりのインパクトにはなったかなと思います。

あとは仕立て上がりが楽しみなのと、この衣裳が使われるのかどうかが楽しみな所です。

五右衛門・金箔1 五右衛門・金箔2

新作染め開始しました。

日々徒然

今年秋のドラマで使用する予定の衣裳の制作を現在しています。

年明け前に柄を写して、ようやく染めを開始しました。

今は裾の炎の部分の染めが終わった所です。炎は迦留羅炎をモチーフにした、地獄の業火です。

五右衛門・染01 五右衛門・染02 五右衛門・染03 五右衛門・染04 五右衛門・染05

羽織制作開始!

日々徒然

10月23日から展示していた圓徳院での作品展が無事に終わりました。今回、良い場所に展示できたことはいろいろ頑張ってくれている作品たちへの恩返しになったかなと思ってます。
私の作品を引き立ててくださった各方面の方々には頭が下がるばかりです。

そしてまた新しい制作に取り掛かってます。久々に松本ワールド全開の作品になります!

羽織・写し 羽織・草稿

高台寺圓徳院秋の特別拝観にて作品展示中!

日々徒然

10月23日から12月の頭まで、高台寺圓徳院の方丈にて、作品を展示させて頂いています。

初日から少したってしまいましたが、ご報告に画像をアップします。

私にとってはある種、集大成というか、一つの区切りになる展示だと思っています。

初めて、日本的な建築の中に作品を置くこと想像していたのが、ようやく叶った形で、このような機会が得られたことに本当にうれしく思っています。

いろいろな方が助けてくださり、力を貸して頂いているからこそ、できたことです。

会期は長いので、お時間があるとき、お運びください。

高台寺・圓徳院
http://www.kodaiji.com/index.html

圓徳院展示1 圓徳院展示2 圓徳院展示3 圓徳院展示4 圓徳院展示5 圓徳院展示6 圓徳院展示7

高台寺圓徳院秋の特別拝観にて展示予定

日々徒然

展示のお知らせです。
この度、「高台寺・圓徳院の秋の特別拝観および夜間の特別拝観」に際して、圓徳院にて作品を陳列させていただくことになりました。
圓徳院さんの秋の特別拝観に、色を添えさせていただくことになり、とても嬉しく思っています。

高台寺・圓徳院
http://www.kodaiji.com/index.html

期間は結構長くて、一ヶ月半くらい予定しています。
お時間あったらお運びください。

鯨井の打掛完成しました。

日々徒然

五月の頭ごろに仕立てに出していた鯨の打掛が仕立て上がり、今日完成品を見ることができました。

題名は「碧瀛・銀華鯨鯢(へきえい・ぎんかけいげい)」

琳派400年に際しての打掛で、若冲の作品や浮世絵に鯨は描かれていたところからモチーフを得ました。

海中の海流を光琳水などで描きました。

鯨は知能が高い生物であると同時に、日本では古くは神格化されて、信仰の対象にもなっていました。

漁業の神である「恵比寿」と同一視され、古くから日本では鯨類を「エビス」と呼称していた。知られていないがおめでたいものとしても日本では大事にされていたのです。

 

それと、以前作った「翡翠鬘」の引き振袖も完成したものを衣桁にかけていただいたので、一緒にアップします。

鯨・完成 鯨・完成・アップヒスイ1

1 2 3 4 5