金彩終了、仕立てに出しました。

日々徒然

ようやく孔雀の打掛の制作が終わりました。金箔もきれいに貼れてよかったです。

裏地は少しくすんだ朱色で、孔雀の羽根が織りで模様が入ってるものを使います。以前からこの生地を裏地に使って孔雀の作品をと思っていたのでそれが実現できてうれしいです。本来は表の生地に使うものなので銀糸も入っていてかなり豪勢です。

ちゃんと柄が合っているか不安なのですが、不安半分楽しみ半分で帰りを待ちます。

孔雀・完成予想 孔雀・金箔1 孔雀・金箔2 孔雀・金箔3 孔雀・金箔4 孔雀・裏地

金彩中

日々徒然

蒸しから帰ってきて、さっそく金彩に取り掛かってます。やっと金泥、銀泥をのせる作業はあと少しで終わります。その後は孔雀の羽根の模様の真ん中をすべて金箔を貼っていく作業です。まだまだ先は長いのですが、いい作品になってくれる予感がします!

孔雀・金彩1 孔雀・金彩2 孔雀・金彩3 孔雀・金彩4 孔雀・金彩5 孔雀・金彩6

染色終了

日々徒然

ようやく染めの作業は終わりました。今回は刷毛によるぼかしを多用したり、少しいつもと違った染め方を取り入れました。今日、蒸しにだしどんな形で色が栄えるか楽しみです。

手元に戻ったら今度は金彩を施します。それも結構細かく、施す部分も多いのです、またまだ作業は残ってます。ですが久々に良い作品ができるような気がします。

孔雀・染5 孔雀・染6 孔雀・染7 孔雀・染8 孔雀・染9 孔雀・染10

染色開始

日々徒然

ようやく染めに取り掛かりました。しかし思いのほか作業量が多く、息絶え絶えになってしまってます。

もう少し進んでいくと楽しくなってくるのですが、出だしはいつもつらいです。

孔雀・染1 孔雀・染2 孔雀・染3 孔雀・染4

下書き完了

日々徒然

孔雀・青花1 孔雀・青花2 孔雀・青花3 孔雀・青花4

孔雀の打掛をようやっと生地に写し終えて一息つきました。あとは地道に時間を費やして、一色づつ染めていくだけで、鱗のように細かいところとかがとても楽しみな作業です!

新作制作開始。(孔雀の打掛)

日々徒然

この度来年の一月に京都文化博物館で開催される「琳派400年記念新鋭選抜展」に出品することになりました。それに伴って現在、新作制作中です。今回は自分のシンボルマークにも使った孔雀で制作します。今までにも何回か挑戦したモチーフなんですが、納得いかない部分もあったりして、もう一度挑戦します。

良いものができる予感がするので、今から楽しみです!

孔雀・草稿1 孔雀・草稿2 孔雀・草稿3

ドレス制作中

日々徒然

シーチングから今度は本番の布にパターンをつけていただいて、金の粒子の荒いのと細かい金泥の二種類で稲の葉を描いたところです。

一余これで私の作業は終わりです。

稲穂は色つきのクリスタルで、まだ縫いつけていないけど、こんなイメージで。

ドレス・稲穂 ドレス・金彩1 ドレス・金彩2

1 2 3 4 5